こちら、新型コロナウイルスの15日までの東海3県の感染者数は、愛知が356人、岐阜が130人、三重が20人。合わせて500人を超えました。そして、16日三重県では、新たに3人の感染が確認されました。

 感染が広がる中、15日桑名市では、歯科医師の感染が確認されました。この歯科医師は、39度の発熱など、症状が出てからも診察を続けていたことが明らかになり、市民に動揺が広がっています。

鈴木三重県知事:
「本当に全く予断を許さない状況」

 16日、三重県は新たに30代から80代の男性3人の感染が確認されたと発表。このうち、津市に住む会社員の30代男性は、食品メーカー「井村屋」の社員で、4月9日に感染が判明した別の男性社員(50代)と同じ津市の本社で働いていました。

 井村屋によりますと、2人は別の部署のため、接触は確認されておらず、食品の製造にも関わっていないということです。

 また、この30代男性の子どもと妻が津市の児童発達支援センター「つぅぽっぽ」を利用していたことがわかり、センターが16日から当面の間臨時休館に。

 このセンターにはおよそ100人の子供が定期的に通っていますが、これまでに体調不良などの報告はないということです。

 一方、桑名市の歯科クリニックでは…。

(リポート)
「こちらが女性医師の感染が分かった歯科医院ですが、入り口には本日臨時休診のプレートが下がっていまして、ひっそりと静まり返っています」

 桑名市長島町の「ハート歯科」。きのう歯科医師の女性(50代)の感染が明らかになりました。

地元の女性:
「びっくりというか、心配になります」

地元の男性:
「近いとこやでなぁ、心配やわな。出歩くのがね」

 この歯科医師は、4月4日に喉の痛み、5日には39度の発熱などがありました。

 そして14日、再び38度の熱が出て呼吸が困難な状態になり、15日感染が確認されましたが、症状が出た後も診察を続け、あわせて6日間にわたり患者と接触していました。

地元の女性:
「この時期なのでやっぱり、もしかしたらって考えてもらって、自宅療養とかもう一歩先の配慮をしてもらいたかったなとは思います」

 この歯科医院では14日、名古屋市が発表した感染者がスタッフとして働いていたことも分かり、患者などへの感染の拡大が懸念されています。

鈴木三重県知事:
「(歯科医師との)濃厚接触者、患者・業者で29人。非常に近い距離で接触をすることになる歯科という場においてですね、患者の方が発生したということについては、われわれも大変重く受け止めています」

 一方、保育士と園児あわせて5人の感染が確認されていた名古屋市立の保育園では、15日新たに50代の女性保育士の感染が確認されました。

 また、岐阜市では市立徹明さくら小学校の女性教師(20代)が感染していて、保育や教育現場での感染拡大についても不安が広がり続けています。