岐阜県羽島市のホテルで、新型コロナウイルスの感染者で症状がない人などの受け入れが検討され、県は18日夜、周辺住民向けの説明会を開きました。

 岐阜県は病床が足りなくなることを想定し、感染者のうち、症状がないまたは軽症の人を受け入れる施設として羽島市の「HOTEL KOYO」の利用を検討しています。

 18日夜、ホテル周辺の住民を対象に説明会が開かれ、県の職員が候補に挙がった理由や感染者の入所ルートなどを説明しました。

説明会に参加した住民:
「納得も何も、来る前提だから仕方がないというか…。いくら説明聞いても(不安は)ぬぐい切れない」

別の住民:
「やっぱり地域のためですから。我々が受け入れないと言ったらどこかで受け入れないといけない」

 岐阜県は、早ければ来週中にも感染者の受け入れを始め、ほかにも同様の施設を増やしていく方針です。
(最終更新:2020/04/19 11:37)