新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で輸出が大幅に減少です。

 名古屋税関によりますと、静岡、長野を含む中部5県の3月の輸出は、去年の同じ月に比べて14.3%減り、1兆5509億円となりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に経済活動が停滞していることが主な要因です。

 一方で、中国向けの自動車輸出は伸びています。中国向けの自動車輸出は143億円と前の年の同じ月に比べ36%増えました。

 世界的に自動車の需要が落ち込む中、感染が終息傾向にあるとされる中国では販売が復調しています。

 このほか3月の輸入は原油価格下落などの影響で9.1%減り7927億円となっています。
(最終更新:2020/04/21 18:31)