新型コロナウイルス対策で医療機関で使用されるフェイスシールド。ロータリークラブが愛知県医師会に寄贈です。

 プラスチックの板で顔を覆うことで飛沫を防ぐことができるフェイスシールド。21日、愛知県内のロータリークラブの代表らが愛知県医師会を訪れ、フェイスシールド3万個を寄贈しました。

 このフェイスシールドはロータリークラブが尾張旭市のメーカーなどに委託して製造したもので、このほか全国の医療機関に対して50万個送るということです。

愛知県医師会 棚木充明会長:
「いくら防御してもですね、院内感染を防ぐのは現実としては難しいなと。今日こうして頂いたというのは非常にありがたい」

 3万個のフェイスシールドは軽症・無症状の感染者の受け入れ施設となっている東浦町の宿泊施設や愛知県内の診療所などに配られます。
(最終更新:2020/04/21 18:13)