三重県では22日、松阪市の保育園に勤務する60代の女性事務員と、四日市市に住む小学生の女の子に新型コロナウイルスの感染が確認されました。三重県の感染者はこれで43人となりました。

 感染が確認されたのは、松阪市在住で市内の保育園に勤務する60代の女性事務員と、四日市市に住む小学生の女の子です。

 松阪市の女性が勤務する保育園では、4月16日に陽性と判定された50代の女性事務員の濃厚接触者5人の調査を進めていて、その中でこの女性の感染が確認されたということです。

 濃厚接触者には園児は含まれず、園の関係者と女性の家族で、22日までにこの女性を含む2人の検査を終えていますが、もうひとりは陰性でした。

 四日市市の小学生の女の子は、20日に感染が公表された市内の食品商社の営業所に勤務する50代男性の子供です。女の子に発熱や咳などの症状はありません。

 また、女の子は15日以降、学校や塾には通わず外出していないため、他の子供たちとの接触もないということです。

 これで三重県の新型コロナウイルス感染者は43人です。