新型コロナウイルスの23日時点の東海3県の感染者数は649人。愛知と岐阜であわせて14人増え、愛知が457人、岐阜が149人となりました。三重は43人のままです。

 このうち、愛知県で感染が確認された30代の女性は、大府市の市立小学校の教師で、教育委員会はこの小学校での自主登校教室や放課後児童クラブの受け入れを、5月6日まで中止するとしています。

 また同じく、23日発表された愛知県の50代の男性は、名鉄の保守部門に勤務する従業員だったことも分かりました。

 男性は、これまでに感染が確認されていた70代女性の濃厚接触者で、4月16日から出勤しておらず、名鉄は現在、男性と接触した可能性がある従業員14人を自宅待機としていますが、運行などへの影響はないということです。