名古屋市で24日、新型コロナウイルスに感染していた高齢の女性が死亡しました。また、新たに男女6人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。

 名古屋市を除く愛知県では、ほかに8人の陽性が公表されていて、県内の死者は30人、感染者は471人となりました。

 新型コロナウイルスの感染者で、24日死亡したのは60歳以上の高齢の女性です。

 市は遺族の意向だとして詳細を明らかにしていませんが、名古屋で3月に発生した福祉施設のクラスターに含まれるということです。

 愛知県内の死者はこれで30人となりました。

 また、名古屋市では24日、10代から60代の男女6人の感染も確認されました。このうち、20代の女性は4月21日に感染が確認された20代女性の姉妹です。

 もうひとりの20代の女性は、22日に感染が確認された50代女性の子供です。

 60代女性は、21日に感染が確認された60代男性の妻です。

 10代男性は、22日に感染が確認された40代男性の親戚です。

 20代と40代の男性は感染者との接触がこれまでのところわかっていません。

 24日はこのほか、名古屋市を除く愛知県で未就学児から70代までの男女8人の感染が公表されていて、県内の感染者は471人となりました。