愛知県は新型コロナウイルスに保護者が感染したため、養育が難しくなった子ども2人を、児童相談センターで一時保護していることを明らかにしました。

 大村知事は27日の会見で、保護者が感染し他に養育できる人がいない小学生の兄と妹を、4月21日から児童相談センターの「一時保護所」で保護していることを明らかにしました。

 愛知県では同じように保護者が感染するなどした子どもを保護することにしていて、各地の児童相談センターや保健所に相談するよう呼びかけています。

 また、大村知事は名古屋市立保育園の保育士らや碧南市民病院の患者らなど、10人以上の感染者が出ている4つの集団を新たにクラスターと認定しています。

 これで愛知県内では7つのクラスターが発生したことになります。
(最終更新:2020/04/27 12:00)