三重県玉城町の田丸神社では、新型コロナウイルスの終息を祈願する獅子舞が奉納されました。

 田丸神社の獅子頭神事は、370年以上前にこの地区で流行した疫病の退散を祈願して始まったといわれています。

 例年は2月に行われますが、今回は感染拡大を受けての臨時のもので、密集を避けるため宮司など10人だけが参加し、終息を祈願しました。

※動画にナレーションはありません
(最終更新:2020/05/03 20:23)