岐阜県白川村は、大型連休中に実施した全ての観光施設や駐車場などの閉鎖を、5月末まで継続すると発表しました。

 白川村では5月2日から6日にかけ、世界遺産「白川郷」の集落にある全ての観光施設や駐車場を閉鎖したほか、白川郷を発着する路線バスを運休し事実上「集落を封鎖」していました。

 当初「封鎖」は6日までの予定でしたが、国の緊急事態宣言が延長されたことを受け、5月末まで延長することを決めました。

 白川村は民間の宿泊施設に対しても、5月末までの休業を求める方針です。

 白川村の成原茂村長は、「新型コロナウイルスが終息した折には、精一杯のおもてなしをいたしますので、それまでお待ちください」とコメントしています。