新型コロナウイルス対策で学校では休校が続いていますが、愛知県江南市は、授業の日数を確保するため小・中学校の夏休みを短縮すると発表しました。

 江南市教育委員会によりますと、市内15ある小・中学校で、夏休みを8月8日から23日までの16日間に短縮します。

 もともと夏休みだった7月21日から8月7日まで、8月24日から31日までの平日の18日間は、臨時休校分の授業を行うことにしています。

 一方、豊橋市と蒲郡市、豊川市、田原市などもそれぞれ小・中学校の夏休みを、8月1日から16日までに短縮することを決めました。

 夏休み短縮の動きは、今後も広がるとみられます。
(最終更新:2020/05/08 19:08)