名古屋市教育委員会は、臨時休校による授業の遅れを取り戻すため、小・中学校の夏休みをおよそ2週間短縮し、お盆明けの8月17日から授業を再開することを決めました。

 名古屋市教委は小・中学校、それに特別支援学校で夏休みを2週間ほど短縮し、7月21日から8月16日までとすることを決め、各学校に通知しました。

お盆明けの8月17日から授業を再開します。

 また、冬休みも12月26日から1月4日までとし、当初の予定より4日間短縮します。

 これらは、臨時休校による授業の遅れを取り戻すための措置です。

 名古屋市の小・中学校では、6月1日から授業が再開されます。
(最終更新:2020/05/18 19:28)