岐阜県は、新型コロナウイルスの症状が軽い感染者らの受け入れに恵那市のホテルの利用を検討していて、20日、住民説明会を開きました。

 岐阜県は症状が軽い感染者らの受け入れ施設として、東濃地域では「恵那峡グランドホテル」の利用を検討しています。

 20日夜、県が開いた住民説明会では、職員が「開所した場合は3カ月程度の利用を予定している」などと説明しました。

同様の施設の設置は県内では3か所目で、県は準備が整い次第、開所するとしています。