企業が従業員に支払う休業手当の一部を助成する「雇用調整助成金」について、愛知県の犬山市役所に相談窓口が設けられました。

 「雇用調整助成金」は新型コロナウイルスによる業績の悪化などの理由で、従業員を休ませて休業手当を支給した事業主に対し、国が費用の一部を助成する制度です。

 犬山市役所には、22日から相談窓口が設けられ、中華料理店を営む男性は営業時間の短縮で休ませたアルバイト従業員について、助成金の申請方法を相談していました。

 犬山市では、ハローワークで相談に応じていましたが、「雇用調整助成金」は申請方法が複雑で電話での問い合わせが難しいことから、市役所でも対面相談を始めたということです。
(最終更新:2020/05/21 18:51)