愛知県のホームページに、新型コロナウイルスの感染者の名前など個人情報が一時誤って掲載された問題。愛知県は、1人あたり2万円から4万円の賠償金を支払うことを決めました。

 5月5日、愛知県のホームページには新型コロナウイルスの感染者490人分の入院先などの個人情報が、誤って45分間掲載され、このうち396人については名前も出ていました。

 今のところ、掲載された個人情報が悪用されるといった二次被害は確認されていないということですが、県は「手厚く謝罪する必要がある」として賠償金を支払うことを決めました。

 名前が掲載された396人には4万円、残る94人には2万円の賠償金が支払われます。

 賠償金は対象者が承諾すれば、早ければ7月下旬に支払われます。
(最終更新:2020/05/28 19:07)