岐阜県で30代の女性が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。海外から帰国した夫が、空港での検疫の検査で陽性と判定されていたということです。

岐阜県で感染者が確認されるのは30日ぶりです。

 新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、多治見市に住む30代の女性です。

 女性は5月29日に、40代の夫がパキスタンから成田空港に帰国し、空港の検疫で受けたPCR検査の結果、5月30日に陽性と判定されました。

 夫は女性が運転する車で空港から帰宅したあと、自宅で待機していて女性に症状はありませんでしたが、濃厚接触者として6月1日に検査を受け、感染が確認されたということです。

 岐阜県で感染者が確認されたのは30日ぶりで、これで151人となりました。