新型コロナウイルスの不安に乗じたメールを送り付け、金融機関の口座情報を聞き出す手口で、愛知県岡崎市の男性が現金250万円を不正送金される被害に遭いました。

 4日午前11時ごろ、岡崎市に住む会社員の70代男性のパソコンに、金融機関を名乗り、「新型コロナウイルスに罹患された皆さま、感染拡大により不安な日常生活を過ごされている皆さま」などと書かれたメールが届きました。

 口座のセキュリティを高めるためとして、偽のサイトに誘導する内容で、男性が口座のIDなどを入力したところ、5回にわたり合わせて250万円が不正に送金されたということです。

 警察は、電子計算機使用詐欺の疑いで捜査するとともに、「新型コロナに乗じたメールには十分に気をつけてほしい」と注意を呼び掛けています。
(最終更新:2020/06/04 23:33)