岐阜市で9日、市内で働く20代の接客業の女性が新たに新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

 新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、岐阜市の店で働く20代の接客業の女性です。

 女性は6月7日から頭痛や発熱などの症状が出て、9日になって味覚や嗅覚に異常を感じたためPCR検査を受け、陽性と判定されました。

 岐阜市によりますと、女性は7日までは勤務先に出勤していて、移動中はマスクを着けていましたが、仕事中はマスクを外していたということです。

 また女性はこれまで仕事のため、神奈川県と岐阜市を行き来していて、今年5月から岐阜市に滞在していたということです。

 岐阜県内の感染者はこれで153人となりました。

※画像:NIAID-RML