岐阜市は高齢者施設に入居する80代の男性が、新型コロナウイルスに新たに感染したと発表しました。詳しい感染経路は分かっていません。

 感染が確認されたのは市内の高齢者施設に入居する80代の無職の男性です。

 岐阜市によりますと男性は、6月10日ごろから食欲の低下や下痢などがあり、14日には発熱などの症状も出たため市内の医療機関に入院し、PCR検査を受けたところ15日に陽性と判定されました。

 男性は施設では個室で生活していて、感染者との接点は確認されておらず、詳しい感染経路は分かっていません。

 岐阜市は同じ施設の入居者やスタッフ合わせておよそ50人についてPCR検査を実施する方針です。

 岐阜県内の感染者はこれで154人となります。