愛知県は新型コロナウイルスに対応する医療機関への補助金など、およそ1120億円を補正予算案に追加すると発表しました。

 愛知県の補正予算案に追加されるのは、新型コロナウイルスの患者を受け入れるために空きのベッドを確保した重点医療機関への補助金など、あわせて1122億円です。

 また、医療機関の院内感染防止対策への補助金218億円余りのほか、ひとり親世帯に対し、1世帯あたり5万円を支給するなどの臨時特別給付金の費用として、3億2200万円が盛り込まれています。

 今回の追加で補正予算案の総額は1160億円となり、県の補正予算案としてはバブル期の1988年に次ぐ、過去2番目の規模になります。