30日からあおり運転が厳罰化。愛知県警も早速、取り締まりなどを実施しました。

 道路交通法の改正で「あおり運転」は30日から罰則の対象となり、愛知県警でも午前からパトカーが出動し、東名高速で取り締まりを実施しました。

 また、伊勢湾岸道の刈谷ハイウェイオアシスでは、「あおり運転、ぜったいダメ!!」などと書かれたチラシを、ドライバーに配るなどして注意を呼びかけました。

愛知県警高速隊の橋本隊長:
「あおり運転の危険性や、法改正の内容や趣旨をしっかりと認識していただき、思いやり・譲り合いの気持ちで安全運転に努めていただきたい」

 30日から施行された「妨害運転罪」では、車間距離を詰めたり幅寄せするなどの「あおり運転」をした場合、免許は即取り消され、最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。
(最終更新:2020/06/30 17:56)