東海地方は、30日夜から1日の朝にかけて大雨になる恐れがあり、気象台が土砂災害などへの警戒を呼びかけています。

 30日の東海地方は、梅雨前線に上空から冷たい空気が流れ込んだ影響で大気の状態が不安定となり、三重県熊野市では1時間に45ミリと激しい雨が観測されました。

午後4時50分現在、下記の地域に大雨と洪水警報が出されています。

【土砂災害警戒情報】
愛知:新城市,設楽町,豊根村

【大雨警報(土砂災害)】
愛知:岡崎市,新城市,豊川市,設楽町,東栄町,豊根村

【洪水警報】
愛知:設楽町

豊橋市民:
「病院に行って田原市まで送って行かないかんもんでね、孫を。あんまり降られると困るんですよね」

別の豊橋市民:
「家出てすぐに、台風来たんじゃないかぐらいの感じで風が強かったので。このまま収まってくれればいいかなと思います」

 気象台によりますと、雨のピークは1日正午までで、予想される24時間雨量は、いずれも多いところで愛知で200ミリなどとなっています。(愛知200ミリ,岐阜180ミリ,三重120ミリ)

 また、30日夜から1日の朝にかけて非常に激しい雨が降る恐れもあり、気象台は土砂災害や低い土地の浸水などに、警戒を呼びかけています。
(最終更新:2020/06/30 17:11)