新しい高層ビル計画が目白押しの、名古屋市中区の栄地区。活況に沸くその再開発計画にも、新型コロナの影響が及んでいます。

当初は7月に予定されていたテレビ塔の開業が、新型コロナによる工事の遅れのため、9月に延期されることが決まりました。他にも、スケジュールの見直しを迫られている計画があります。

 栄駅の1番出口からすぐの場所にできた「EXIT NISHIKI」。3つのビルが繋がった南北に長いつくりで、1階には40ほどの飲食店が軒を連ねています。2階には名古屋初進出の油そばの専門店も。

油そば店の店長:
「今いろいろと新しいビルも開発されていますし、ビル全体で盛り上げていこうと思っています」

 新たな集客スポットがオープンする一方で、栄の再開発にも新型コロナの影響がでています。

窓から見渡す栄の夜景に、部屋の中を斜めに貫く鉄骨。改修中の名古屋テレビ塔は、ホテルやレストランを併設し、当初は7月にオープンする予定でした。

名古屋テレビ塔 大沢和宏社長:
「オープンは9月18日からにしたい。2か月余りの遅れとなる」

 30日、オープン日が2か月ほど遅れて9月18日になると発表。新型コロナの影響で、工事の作業員の確保や資材の手配が滞り、遅れがでたといいます。

ちなみに、今回のリニューアルで照明をLEDに変更、夜にはカラフルにライトアップされたテレビ塔が楽しめることに。そして・・。

(リポート)
「名古屋テレビ塔の北側のこのエリア、今の様子見てみますと、雨のなかですが、工事が進められています。店舗の中を見ても、作業している人の姿があります」

 テレビ塔の足元で、名古屋市が再開発を進めている、久屋大通公園。サンフランシスコ発のチョコレート専門店「ダンデライオン・チョコレート」や、ラルフローレンのカフェなどの飲食店が出店。都心の憩いの場となる広場も整備されます。

こちらも、当初は7月に開業予定でしたが、新型コロナの影響で工事が遅れ、名古屋市は開業日をテレビ塔と同じ9月18日と発表しました。さらに・・・。

 2018年に閉店した「丸栄」の跡地には、「興和」が「食」をテーマにした商業施設の建設を進めていますが、基礎工事の遅れに新型コロナの影響が重なり、開業予定が当初の2020年の年末から2021年11月に延期されました。

栄再開発の先行きにも、新型コロナの影がさしています。