梅雨の晴れ間となった19日、名古屋市内の一部の市民プールが営業を始めました。朝から家族連れなどが水遊びを楽しんでいます。

 新型コロナウイルス対策のため、今年は受付で名前や連絡先、体温の記入が必要なほか、三密を避けるため更衣室のロッカーの数が半分に減らされています。

 また、プールサイドで見守る保護者にはマスクの着用も呼びかけられています。

 市民プールは8月31日まで開かれます。

(最終更新:2020/07/20 12:26)