名古屋市では22日、1日としては過去最多となる44人に新型コロナウイルスの新たな感染が確認されたと発表しました。 感染が確認されたのは、いずれも名古屋市内に住む20代から80代までの男女合わせて44人です。

 名古屋市では現在2つのクラスターが発生していますが、22日の感染者のうち7人は接待を伴う飲食店、3人はカラオケバーで起きているそれぞれのクラスターに関連付けられるということです。

 一方で、死亡後に感染が判明した80代の男性を含む27人の感染経路は不明です。

 名古屋市で1日に44人の感染が発表されるのは過去最多です。

 また、22日は名古屋市を含む愛知県全体で64人の感染が確認されていて、このうち75%以上にあたる49人が20代から30代の若い世代でした。

 名古屋市の担当者は「市中感染の状況で、行動に気を付けないとどんどん広がってしまう」と危機感を募らせています。
(最終更新:2020/07/23 12:10)