去年の「あいちトリエンナーレ」の負担金などを巡って対立が続いている、愛知県の大村知事と名古屋市の河村市長。

新型コロナウイルス対策への対応で連携が不十分とする指摘について、大村知事は「県と市はこれまでも連携してやってきたし、これからもしていく」と今までの姿勢を続ける考えを示しました。

 愛知県の大村知事は6日夕方、東海テレビの「ニュースOne」に出演しました。この中で、6日に発出した独自の「緊急事態宣言」を説明し、不要不急の行動や県を跨ぐ移動などの自粛について県民に理解を求めました。

 また、6日は自民党の愛知県議団と、名古屋市議団が大村知事と名古屋市の河村市長に連携の強化を要望。

トップ会談の提案について河村市長は後ろ向きな姿勢を見せましたが、大村知事は「儀式をやっても仕方がないので、もし来られるならしっかり勉強してほしい」と話したうえで、「県と市はこれまでも連携してやってきたし、これからもしていく」と今までの姿勢を続ける考えを示しました。
(最終更新:2020/08/07 11:14)