愛知県では11日、67人に新型コロナウイルスの感染が新たに確認されました。愛知県で1日あたりの新規感染者が100人を下回るのは15日ぶりです。

 しかし、愛知県の大村知事は「休みで検体数が少なかったと予想される」と話し、引き続き注意するよう呼びかけました。

 愛知県では7月28日に110人の感染者が確認されて以降、14日連続で1日あたりの新規感染者が100人を超えていましたが、15日ぶりに下回りました。このうち35人が名古屋市の感染者です。

【名古屋:8月1日以降の感染判明者数】
1日109人
2日103人
3日82人
4日47人
5日67人
6日72人
7日96人
8日108人
9日47人
10日55人
11日35人

 しかし11日午後、記者会見した愛知県の大村知事は、新規の感染者数が67人と減少したことについて「休み明けで検体数や民間の医療機関での検査数が少なかったことが予想される」と話し、「100人はきったが、引き続き大変厳しい状況」と警戒を続けるよう呼びかけました。

 県は6日に独自の「緊急事態宣言」を出し、24日まで県をまたぐ帰省や5,6人以上の会食・宴会など、不要不急の行動・移動の自粛を呼びかけています。

【愛知県の独自の緊急事態宣言の概要】

期間:8/6-24

・不要不急の行動自粛・変容

・お盆休み期間中の行動自粛

・県をまたぐ不要不急の移動自粛

・感染防止対策の徹底

画像:NIAID-RML
(最終更新:2020/08/11 17:30)