愛知県では13日、109人に新型コロナウイルスの感染が新たに確認されました。100人を超えるのは3日ぶりです。また、12日までに11人の感染が確認された豊川市の高齢者施設の集団を、新たにクラスターとしました。愛知県のクラスターは7月以降6つめです。

 愛知県では7月28日に110人の感染者が確認されて以降、14日連続で1日あたりの新規感染者が100人を超え、11日に67人と15日ぶりに下回りました。12日も2日続けて100人を下回りましたが、13日は上回っています。

 109人のうち44人が名古屋市の感染者です。

 大村知事は13日の記者会見で、この日の新規感染者数もお盆休みで民間機関の検査数が少ない可能性があり、引き続き感染に注意するよう呼びかけました。

 なお11日までの7日間の陽性率の平均は、16.5%となっています。

 また、県は12日までに職員と利用者11人に感染が確認された、豊川市の高齢者施設の集団を新たなクラスターとしました。

【愛知県全体の8月1日以降の新規感染者数】
1日181人
2日160人
3日125人
4日120人
5日147人
6日140人
7日158人
8日177人
9日129人
10日101人
11日67人
12日86人
13日109人

【名古屋市の8月1日以降の新規感染者数】
1日109人
2日103人
3日82人
4日47人
5日67人
6日72人
7日96人
8日108人
9日47人
10日55人
11日35人
12日39人
13日44人

 県は6日に独自の「緊急事態宣言」を出し、24日まで県をまたぐ帰省や5,6人以上の会食・宴会など、不要不急の行動・移動の自粛を呼びかけています。

【愛知県の独自の緊急事態宣言の概要】

期間:8/6-24

・不要不急の行動自粛・変容

・お盆休み期間中の行動自粛

・県をまたぐ不要不急の移動自粛

・感染防止対策の徹底

画像:NIAID-RML
(最終更新:2020/08/13 19:21)