岐阜県では12日、6人に新型コロナウイルスの感染が新たにわかりました。

 感染が明らかになったのは10代の小学生から70代までの男女6人です。

 このうち土岐市や可児市の複数の家族や職場にまたがるクラスターで、10日に陽性と判定された自営業の30代男性の、40代の妻と小学生の娘に感染がわかりました。

 また、この家族と一緒に食事した小学生の女の子にも感染が確認されました。

 このクラスターでは、ほかにも9日に陽性と判定された土岐市の40代女性の職場で同僚の50代女性に感染がわかったほか、仕事で接触があった可児市の60代男性にも感染が確認されました。

 一連のクラスターの感染者はこれで11人に広がり、岐阜県内の感染者数も580人となっています。