来年度の名古屋市の税収、新型コロナウイルスの影響などで440億円の減収となる見通しです。

 9日の名古屋市議会の委員会で、市の担当者は来年度の市税収入の見込みが今年度より440億円少ない5539億円となる見通しを明らかにしました。

 新型コロナなどの影響で個人所得が減ったことや企業収益が悪化したことなどが要因で、リーマンショックを上回り名古屋市としては戦後最大の税収の落ち込みとなる見通しです。

 今後について名古屋市は「歳入歳出を見直して予算編成を検討し国への措置を求める」としています。
(最終更新:2020/10/09 17:39)