名古屋市守山区のスーパー銭湯からレジオネラ菌が検出されました。客の50代女性が感染し、多臓器不全などの症状で入院しました。

 レジオネラ菌が検出されたのは、名古屋市守山区のスーパー銭湯「天空SPAHILLS 竜泉寺の湯 名古屋守山本店」です。

 名古屋市によりますと、9月24日、市内の医療機関から患者にレジオネラ症が出たとの届けがあり、保健所が検査したところ、この施設にある複数の浴槽の湯からレジオネラ菌が検出されました。

 患者は9月7日頃にこの施設を利用した50代の女性で、意識障害や多臓器不全などを起こし、現在も入院していますが、快方にむかっているということです。

 市は菌が増殖する配管の掃除が不十分だったことが原因として、この施設に1日の営業停止処分を下しました。

 この施設では10月1日までに消毒作業を終え、保健所の再検査で陰性が確認されていて、これまでのところ、ほかに症状が出た人はいないということです。
(最終更新:2020/10/12 18:52)