岐阜県では29日、新たに男女5人に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 感染が確認されたのは、30代から70代までの男女5人です。

 関市を中心に発生したクラスターで、既に感染が確認されている60代男性と同居している50代の妻ら2人に感染が分かりました。このクラスターは13人となりました。

 岐阜市で感染が確認された60代と70代の男性2人については、詳しい感染経路は分かっていません。

 岐阜県内の感染者数はこれで677人になりました。

 古田知事は29日午後記者会見し、感染拡大の恐れがある冬の時期や年末年始を前に「大人数の酒類を伴う飲食」などといった感染リスクが高い行動を回避するよう、改めて呼びかけました。