三重県では10日、新たに男性2人に新型コロナウイルスの感染が確認されました。また、三重県は感染者1人の性別を誤って発表したとして謝罪しました。

 10日、感染が確認されたのは、いずれも津市に住む40代と60代の男性2人です。

 このうち40代の自営業の男性は長野市の感染者の濃厚接触者として9日にPCR検査を受け、陽性が判明しました。

 男性は無症状ですが、10月29日から30日にかけ感染者が出ている長野市内の飲食店を利用した後、11月4日から7日にかけ、三重県内や愛知県内で仕事をしていたということです。

 一方、60代の会社員の男性は、11月4日から発熱の症状が続いていて9日に陽性とわかり、現在肺炎の症状があるということです。男性の同居の家族1人に症状があるということで県が検査を進めています。

 また、三重県は11月6日に発表した感染者の中で、鈴鹿市内の20代の女性の性別を誤って「男性」と記載したとして訂正・謝罪しました。

 入院先の病院からの指摘で発覚したということで、県は、PCR検査の際に日本語が通じなかったため、対応した鈴鹿保健所の職員が本人に直接性別を聞き取らなかったことが原因だと釈明しています。