愛知県の大村知事は19日午後に会見を開き、新型コロナウイルスの感染状況を示す4段階の指標について、「警戒領域」から上から2番目の「厳重警戒」へと引き上げました。

大村愛知県知事:
「大変厳しい状況です。本日付でイエローゾーンからオレンジゾーンの『厳重警戒』に移行したということでございます。県民の皆さまには、感染防止対策の徹底をお願い申し上げる次第でございます」

 愛知県の大村知事はこのように述べ、県内の感染状況を示す独自の指標について「警戒領域」から1段階引き上げ、上から2番目の「厳重警戒」にすると発表しました。

 大村知事はその上で、大人数での会食や宴会を控えたり、年末年始の帰省や旅行は時期を分散するなどの対策を呼びかけました。

 ただ、前回の厳重警戒の際に示されていた「不要不急の移動の自粛」などは、東京なども実施していないとして盛り込まれていません。
(最終更新:2020/11/19 17:27)