新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、三連休の最終日となった23日、観光地には戸惑いながらも大勢の旅行客などが訪れています。

 秋晴れに恵まれた名古屋城には、国内各地からGoToキャンペーンを利用するなどした観光客が訪れています。

観光客:
「2ヶ月くらい前から(予定を立てていた)。(見直しについては)なんとも言えないなというのが正直なところ」

別の観光客:
「キャンセル料がかかるというところで、取り消そうにもどうしようもない」

 名古屋城によりますと、GoToキャンペーンを受けて入場者数は戻りつつあるということですが、政府の運用見直しで再び客足が遠のくことも予想されます。

 一方、見ごろを迎えた紅葉の名所、愛知県豊田市の香嵐渓も、朝早くから家族連れなどで賑わっています。

紅葉を見に来た家族:
「外だから安心もあります。きれいでした」

 今年は、ライトアップなどの恒例イベントはすべて中止となり、観光協会によりますと、見物客も例年の5割ほどに留まっているということです。
(最終更新:2020/11/23 12:20)