繁殖のため貸し出されていたメスのセイウチが、1か月ぶりに三重県の伊勢シーパラダイスへ帰郷しました。

 12日、伊勢シーパラダイスに到着した1台のトラック。フォークリフトで降ろされたケージに入っていたのは、メスのセイウチ「タンポポ」です。

 タンポポは繁殖活動のため、2月16日から愛知県美浜町の「南知多ビーチランド」に貸し出されていましたが、12日に約1カ月ぶりに伊勢シーパラダイスに帰ってきました。

 南知多ビーチランドでは、オスの「キック」と何度か一緒に泳ぐ姿が確認されたということです。

 タンポポが妊娠しているかどうか確認できるのは今年の冬で、順調にいけば来年夏に出産です。

 伊勢シーパラダイスの田村館長は、「妊娠の可能性は五分五分ぐらいの確率かな。待ち遠しいですね」と話しています。
(最終更新:2021/03/12 17:30)