新型コロナ対策をテーマにした新しい技術や製品が体験できるイベントが17日、名古屋で始まりました。

 ペダルを足で踏むだけでドアノブが回せる装置に、ヘルメットメーカーが開発した空気の送風で飛沫を防ぐ「エアシールド」…。名古屋市港区のポートメッセなごやで「感染症対策総合展」が始まりました。

 会場の一角には名古屋めしが楽しめるコーナーも設けられ、様々なコロナ対策が施されています。

(リポート)
「一見普通に見えるこのテーブル。実は飛沫の吸い込み口がついているんです」

 こちらのテーブルには飛沫の吸い込み口が設置され、間仕切りなしで会食をすることができます。

入場者:
「すっきりしているから普通のテーブルかなと思って。いいですよね。何もなければね」

 出来上がったメニューを運ぶのは配膳ロボットです。

 また、リゾート地などで仕事と休暇を自由に切り替える「ワーケーション」をテーマにしたコーナーでは、組み立て式のドーム型ハウスに注目が集まっていました。

 感染症対策総合展は19日まで開かれています。