岐阜県高山市の北アルプスで14日朝、登山をしていた79歳の男性が登山道から滑落し死亡しました。

 午前6時半すぎ、高山市の北穂高岳付近で、登山をしていた男性(77)から「同行者が30メートル滑落した」と警察に通報がありました。

 滑落したのは、長野県軽井沢町の無職・江川良武さん(79)で、岐阜県警のヘリコプターや山岳警備隊によって3時間半後に救助されましたが、その場で死亡が確認されました。

 警察によりますと、江川さんは仲間の男性(77)と2人で、9月11日に長野県側から北アルプスに入っていて、登山の日程は14日までだったということです。

 岐阜県内では今年に入り、山岳事故で7人が亡くなっています。