暴力団幹部が詐欺の疑いで逮捕された事件で、愛知県警は14日、特定抗争指定暴力団・六代目山口組の総本部を家宅捜索しました。

 家宅捜索は午前11時ごろから始まり、神戸市灘区の六代目山口組の総本部に愛知県警の捜査員が入りました。

 愛知県警は3月11日、瀬戸市に本部を置く「瀬戸一家」の総裁・清田健二容疑者(64)を、暴力団員であることを隠してオークションで車1台をおよそ700万円で落札した詐欺の疑いで逮捕していました。

 瀬戸一家は山口組の二次団体で、2021年の年末には六代目山口組の司忍こと篠田建市組長(80)も訪れていて、警察は背景を詳しく調べています。