岐阜県羽島市の医療機関で、日本脳炎用のワクチン接種に来た5歳の男の子に誤って新型コロナワクチンが接種されました。

羽島市役所健幸福祉部の担当者:
「日本脳炎を打ちに来た5歳の男の子に、成人用のファイザーワクチンを打ってしまったということと、同時に日本脳炎も打ってしまったというミスになります」

 18日、日本脳炎のワクチンを接種するため、岐阜県羽島市内の医療機関を訪れた5歳の男の子と保護者。看護師は2人に対し、日本脳炎のワクチンの予診票を確認し、医師にも男の子が日本脳炎のワクチンの接種を受けることを告げていました。

 しかし医師が接種したのは、成人向けに用意されていた新型コロナワクチン。すぐに誤りに気がついた看護師が医師に指摘しました。すると、医師は続けて日本脳炎ワクチンを接種したというのです。

 現在、新型コロナワクチンは他のワクチンとの同時接種は認められていません。なぜ、こんな事が起きてしまったのでしょうか。

羽島市役所健幸福祉部の担当者:
「先生の確認ミスだったということと、思い込みですかね。(Q.続けて打ってしまった理由は?)正しいのを打たなきゃと思われたのか…ちょっと分からないですね」

 市によると、医師は同時接種が認められていないという認識はあったといいますが、聞き取りに対し…。

<医師>
「分かっていたが、打ってしまった」

 これを受け、市は医療機関に向けて注意喚起の文書を通知。小さい子どもを持つ地元の人は…。

保護者:
「子どもの命にかかわるかもしれないので、その辺をもうちょっと丁寧に見てほしいですね」

別の保護者:
「こっちは先生を信用して行っているので、不安になります。今後何かあると親の責任になるので、慎重に親も判断したい」

羽島市役所健幸福祉部の担当者:
「こちらの方としましても、十分な注意喚起はしていきたいと思っておりますし、先生方も注意してやっていただいていることですので、安心して(接種に)行っていただけたらなと思っております」

 男の子に打たれた新型コロナワクチンは成人向けで、子ども用と比べ有効成分はおよそ3倍だったということです。

 男の子は腕の痛みを訴えていましたが、これまでに体調に大きな異変は無いということです。