三重県伊賀市で10日、暴力団組長の男性が男に銃のようなもので撃たれケガをした事件で、警察は凶器を「拳銃」と断定し、殺人未遂事件として男の行方を追っています。

 小学校の前に立つ警察官、そして巡回するパトカー…。児童らは異様な雰囲気の中、朝の登校を迎えました。

保護者:
「まだ犯人も捕まっていないので、心配な部分もあったので一緒に付いてきました」

 事件は10日昼前、伊賀市の中心地にある病院の駐車場で発生。車の中にいた暴力団組長の男性(54)が男に複数回にわたって撃たれ、右腕の骨を折るなどのケガをしました。

 警察は11日、犯行に使われた凶器を「拳銃」と断定しましたが、男の行方は今も分かっていません。

近所の住民:
「捕まってないんでしょ?鉄砲を持ってるっていうから、凶器持っていたら怖いです」

別の住民:
「捕まってほしいですね、早く。安心したいです」

 捜査関係者によりますと、黒っぽいセダンタイプの車で逃走したということですが、現場から1.5キロほど離れた場所にあるパチンコ店の防犯カメラに事件のおよそ10分後、男が草むらで帽子と服を脱ぎ捨てる様子が映っていたといいます。

 また、犯行に使った車は、偽造ナンバーに付け替えられていたとみられています。

 関係者によりますと、撃たれた男性は神戸山口組を分裂した指定暴力団「絆會」の直系組長(54)で、警察は暴力団同士のトラブルの可能性も視野に殺人未遂の疑いで男の行方を追っています。