愛知県警津島署の新庁舎が完成し、26日、大村知事らが出席して落成式が行われました。

 新庁舎の建設費用はおよそ33億6000万円です。

 新庁舎は、地下1階・地上4階建ての鉄骨コンクリート造りで、総面積は旧庁舎の2.8倍に広がり、海抜ゼロメートル地帯の浸水対策として地上から1メートルかさ上げして建てられています。

 津島署の旧庁舎は50年前の1972年に建てられ、当時130人程度だった署員も、管内の人口増加などで2倍近くに増えていました。

大村愛知県知事:
「新庁舎で気持ちも新たに業務に精励をいただいて、この地域の安心安全が今まで以上に向上することを大いに期待したい」

 津島署では、8月29日から新庁舎での業務を開始します。