5月、三重県伊賀市で暴力団組長の男性が拳銃で撃たれた事件で、拳銃を所持していた容疑で逮捕されていた暴力団組員の男が、組長を殺害しようとしたとして再逮捕されました。

 特定抗争指定暴力団・山口組「一心会」傘下の組員・清水勇介容疑者(26)は、5月10日、三重県伊賀市で指定暴力団「絆會」傘下の暴力団組長の男性(54)を拳銃で4発撃って殺害しようとしたとして再逮捕されました。

 清水容疑者は逃走し、4日後に千葉県内の警察署に出頭していて、事件現場近くの駐車場で拳銃を所持していた銃刀法違反の疑いで逮捕・起訴されていました。

 清水容疑者は、調べに対し「拳銃を撃ってケガを負わせたことに間違いないが、殺すつもりはなかった」と殺意を否認しています。