名古屋市中区のコインパーキングで7日、駐車していた車に2匹の犬が放置されているのが見つかりました。無事保護されるまでの救出劇を取材しました。

 名古屋市中区栄5丁目の池田公園近くの繁華街にあるコインパーキングに停められた軽乗用車。警察官など多くの人が取り囲んでいますが、その車内にいたのは犬。それも2匹です。

 7日、駐車された軽乗用車に犬2匹が放置されているのが見つかり、正午ごろに目撃者が警察に通報しました。

【画像で見る】夏日の車内に4時間以上…コイン駐車場で車に“犬2匹放置” 警察官がドア開け保護「車で飼ってる」の情報も

(リポート)
「車にサンシェードを被せるなど、集まってきた住民が犬の安全を心配する様子がうかがえます」

 7日の名古屋の最高気温は25.2度。車の中にも強い日差しが差し込み、駆け付けた警察官や近所の住民が犬の様子を見守りますが、4時間以上が経っても飼い主は現れません。

 この軽乗用車はなぜか鍵がかかっておらず、警察官がドアを開け、犬の体調を気遣います。

 そして、警察官が駆けつけてから約4時間後…。

(リポート)
「午後4時半です。今、警察が助手席のドアを開けて、犬が1匹外に出てきました。元気に動いている様子です」

 警察は動物虐待につながる恐れがあると判断。名古屋市の保健センターと連携し、2匹の犬を無事保護しました。

 一体なぜ、犬が放置されてしまったのでしょうか。

 近所に住む女性によると、今回が初めてではないといいます。

近所の住民:
「もう何回もだって。同じ車でそこでずっと犬が鳴いとった。何度も何度もそういう通報のある車だって。犬を車の中で飼っていて、飼い主さんには一生懸命連絡を取っているけどって」

保健センター職員:
「(車の中は)フンがまき散らされていたりとか、あまりいい状況ではないのは間違いないと思います。一時的に警察署に収容しますけど、名古屋市の愛護センターと今後調整していく」

 警察によりますと、保護された2匹の犬はダックスフントとみられ、保健センターなどと連携して今後の対応を決めるとしています。