東海テレビ

メッセージを読む

トップページへ戻る

  • rei
    この事件に限らず、犬の咬傷事件が起きる度に、大型犬の危険性ばかりがクローズアップされ、私達、犬を家族に持つ飼い主は肩身が狭くります。幸い最近では、人を咬んだ犬は全て、「悪い犬」との、認識から、飼い主の飼育状況や管理責任を問題と考えるスタンスに変わりつつあります。しかし、それも一般からみればまだまだマイノリティで、大多数の人は、「人間を咬んだら、悪い犬」と、言うのがマジョリティです。この咬傷事件のドーベルマン。「ひかる」も、無許可でブリーダーをしていた老飼い主が、正しい知識と、適切な管理義務の知識も無いままに、飼育していたのがこの事件の主たる原因で、責任は飼い主にあることが、新聞やテレビニュースで報道され、殺処分0を目指すNPO法人、「DOG DUCA」の代表者の方が、問題のドーベルマン、「ひかる」の保護を申し出て、殺処分をまぬがれました。
    2017. 2. 21 16:16
  • rei
    「名古屋ドーベルマン咬傷事件」真実とその後を追った、東海TVのドキュメンタリー番組のタイトルの弊害!「意味の解からないタイトル」2017年2月19日「名古屋ドーベルマン咬傷事件」真実とその後を追った、東海TVのドキュメンタリー番組が放送されます。「悪い犬」なぜこんなタイトルにしたのか、全く意味わからないです。...一昨年、事件現場の近くに住んでいましたし、我が家も犬の家族が居るので、このドーベルマンの咬傷事件は、よく覚えて居ます。その後の報道や成り行きにも注目していました。
    2017. 2. 21 16:12
  • ピンママ
    大型犬の飼い主仲間もとても気になっています関東でも放送してください。
    2017. 2. 21 13:26
  • AKE
    途中からテレビ見ました。まずタイトルにがっかり。縁あって家にも6歳のドーベルがいます。とってもかわいくていい子です。犬にも人にも人気で友達もたくさんいます。私自身も最期までしっかり面倒がみたいので訓練にも通っています。私がやってあげられることはできる限りやってあげたい!大型犬と暮らすということは大変なことも多いです。でもそれ以上に癒されます。人間の勝手で悪い子にしないでください!困ったときは見捨てないで訓練士さんの力を貸してもらってください!
    2017. 2. 21 09:57
  • モカベルママ
    一昨年、虐待を受けていた犬の里親になりました。幸いな事に先住犬との相性に問題なくトライアルから始めましたが、娘も母も酷く咬まれ数日間通院するほどの傷を負いました。その傷を見て里親になった事を後悔したことも有りました。ただ家族全員が保護した方に返すといった選択肢はなく再び人の手で不幸にする事はあり得ないと真剣に悩みました。大変な日々でしたが、毎日彼女(犬)と向き合う中で当たり前な事での習慣が無いことを多く気づきました。一つずつでしたが手探りで彼女が冷静になる瞬間や、興奮するスイッチが入る瞬間を確認する事を見て考え行動しました。日に日に変わっていく彼女を見て悪い犬なんていないと、問題行動を起こす原因は無知な人が原因だと実感しました。私は保護した方から命を預かりました。大事な命です。無駄な命なんて無いと思います。もし彼女が話せるのなら元の飼い主からどんな虐待を受けていたのか教えてほしいとも思います。今の彼女は変わりました。あんなに大嫌いで信頼できなかった人の手でした。でも今では人の手が信頼でき大好きになりました。そして、なくてはならない家族の一員となってます。遺棄された動物の保護をされている方々には本当に頭が下がる思いで一杯です。日本が一日でも早く動物愛護先進国となることを願ってやみません。
    2017. 2. 21 01:39

番組へのご意見、ご感想、出演者へのメッセージなどをお送りください。

メッセージを送る

Copyright TOKAI TELEVISION BROADCASTING Co., Ltd. All Rights Reserved.