土ドラ 嗤う淑女

7月27日23時40分スタート

“稀代の悪女が次々に人をとす!”

“どんでん返しの帝王”と呼ばれる
ベストセラー作家・中山七里の超人気シリーズ
『嗤う淑女』連続ドラマ化決定!

美貌と天才的な話術で
人々を破滅へと導く危険な女
主演(蒲生がもう 美智留みちる役)に
内田理央 が決定!!

追加キャスト決定

主人公に人生を狂わされる従妹の
野々宮恭子役に松井玲奈が決定!
数々の事件の背後にいる主人公を追う刑事に
大東駿介、その部下役に内藤秀一郎
また各話ゲストには
小島藤子青木さやか
宮田俊哉
円井わん武田航平前田拳太郎
"個性"豊かなキャストが集結!

キャストコメントはこちら

Whats new

2024.06.17

続報!追加キャスト決定!

2024.06.10

情報解禁!土ドラ『嗤う淑女』7月27日スタート!

東海テレビがお送りする土ドラのヒット作
「火の粉」「絶対正義」「リカ」に続く
新たなダークヒロインが誕生します!

もう絶対に逃れることはできない――
野々宮恭子は、美貌の従妹、蒲生美智留と、
ついに再会してしまう。
中学時代、ある“殺人にまつわる過去”
美智留と共有してしまった恭子は
17年間、美智留から逃げ続けていたのだ。
美智留は恭子の勤める会社を乗っ取り、
人生に悩める人々へのコンサルタント業を始める。
名誉、金、承認欲求、届かぬ愛…
人々の欲望を残酷に操り次々に破滅へと堕としていく
悪魔のような女――美智留。
共犯者としてがんじがらめにされた恭子は、
やがて美智留を崇拝するようになり・・・・・・

“どんでん返しの帝王”中山七里の大ベストセラー
「嗤う淑女」がついに映像化!
美智留の導きによって、自らの欲望を暴走させ、
地獄へ堕ちていく人々の様は、
まさに、“負のカタルシス”かつ
“転落のエクスタシー”にして
“令和の笑ゥせぇるすまん”
剥き出しになった人間の恐るべき本性が、
真夏の視聴者を恐怖のどん底に突き落とす!

破滅へと突き進む人間の愚かな本性に、
恐怖と愉楽を感じることは
歌舞伎や落語から連綿と続く、
エンターテインメントの原点といえます。
そして、美智留に絡み取られた恭子の運命は?
最後の最後まで予測不能な驚愕の展開
視聴者に襲いかかります!

内田理央 演じる稀代の悪女「蒲生美智留」が
次々と人を地獄へと陥れていく
震撼のサイコ・サスペンス!
ご期待下さい!

出演者

内田理央

蒲生がもう美智留みちる(32)

内田理央

【役どころ】

人生に関する全てのことのコンサルタント業務をしている。
中学時代、母親が失踪し、古い団地で父親と暮らすが、 過酷な虐待を受けていた。そんな中、従妹の恭子の中学校へと転校してきた美智留は、恭子と共謀して……。
美貌と、天才的な話術をあわせ持ち、人々に自分を信頼させ 意のままに操る。
相談者の悩みを聞きつつ、心の奥底に潜む欲望を巧みに刺激し 最悪の破滅へと導いていく美智留の、その先にあるものは……?

【コメント】

稀代の悪女・蒲生美智留という魅力的な女性を演じることができて光栄であるとともに、プレッシャーを感じております! お話をいただいた時は、私で大丈夫ですか?とつい言ってしまいました(笑) しかし、原作を読ませていただいてすごく面白くて、不安よりも楽しみとワクワクでいっぱいです! 人間の欲望を操って地獄に落とす彼女の想いや目的がどういったものなのか、ハラハラドキドキしてもらえたら嬉しいです!

松井玲奈、美智留に恐怖しながらも
崇拝していく
従妹・野々宮恭子役を熱演!

松井玲奈

野々宮ののみや恭子きょうこ(32)

松井玲奈

【役どころ】

主人公・蒲生美智留の従妹で中学の同級生。
17年ぶりに再会した美智留の元でアシスタントとして働いている。美智留の危険な本性を察知し、恐れている。
救いを求めて美智留を訪れる相談者たちが、破滅へ向かおうとするのを止めようとしていたが、次第に自身も美智留の支配から逃れられなくなっていく。
中学時代に難病と診断されたが、美智留からの骨髄移植で完治。その義理もあってか、美智留の力になりたいと強く願うようになり、重大な事件に関わった過去を持つ。その記憶が、美智留との再会により呼び覚まされ、複雑な感情の中で揺れ動く…。

【コメント】

些細な言葉の言い回しで自分のことをよく考えてくれている人だと、深く信用したり信頼に値すると思ったりしてしまう。そこにこの作品の面白さがあると感じています。
藁にもすがる思いの時は、言葉の端に潜む甘い罠にかかりやすいものです。
ふと自分の日常を振り返ってみても、気付かないうちに誰かの手のひらの上で踊らされている、なんてことがあるかもしれません。
私が演じる恭子は何かにずっと怯えている役どころ。彼女の恐怖の根源はどこにあるのか、視聴者の皆さんには俯瞰的な目線を持ちながら、この物語がどこへ向かうのか考察しながら楽しんでいただけたら嬉しいです。

大東駿介、執念深い捜査で
美智留の闇に迫る敏腕刑事役!

大東駿介

麻生あそう(38)

大東駿介

【役どころ】

警視庁捜査第一課の刑事。複数の事件の背後にちらつく美智留を執念深く追いかける。
やがて美智留と恭子を深く結びつけている17年前の事件にたどり着く。
その捜査がきっかけとなり、恭子の運命は大きく狂わされることに…。

【コメント】

『嗤う淑女』を追う刑事、麻生を演じさせて頂きます。毎話台本を頂くたびに、人間の心の傷みや欲を掌で転がし、言葉巧みに操る蒲生美智留にいつしか引き込まれています。僕自身、いち視聴者として、演者として、麻生と共に、蒲生美智留とは何者なのか、突き止めたいと思います。

ネクストブレイク俳優として
注目の内藤秀一郎、
若手刑事役に挑戦!

内藤秀一郎

青木あおき真太郎しんたろう(27)

内藤秀一郎

【役どころ】

麻生の部下の若手刑事。
美智留の捜査に突っ走る麻生刑事の行動に当初は疑問を持ちつつも、徐々に巻き込まれていく。思ったことはそのまま口にしてしまう素直な性格。

【コメント】

ずっと挑戦してみたい役が刑事だったので、お声がけいただいた時はすごくありがたく思う気持ちと、正直、いただけたことに驚きました。皆さんの足を引っ張らないように刑事「青木」役を楽しみたいと思います!

各話ゲスト出演者

土ドラ「嗤う淑女」には稀代の悪女・蒲生美智留に翻弄され、華麗に堕ちていく個性派俳優が各話のゲストとして登場する。高級ブランド品に取り憑かれ膨大な借金を抱える銀行員役を演じるのは、あらゆる役になりきる演技派の筆頭・小島藤子。リストラされて働かないクズ夫と2人の娘をパートで支える母親役に母親&芸人&俳優&作家の顔を持つ青木さやか。ネット民から“神”と崇められる過激な論破王役にはKis-My-Ft2の宮田俊哉。韓国スターにのめり込み、推し活に歯止めがきかない沼落ち女を今注目の若手俳優・円井わん。世論の沸騰に飲まれて、捏造記事で人を傷つける事に痛みを感じなくなっていくフリーの週刊誌記者を実力派の武田航平。自立できない自分を家族のせいにして実家暮らしを続けるアラサー男を劇団EXILEメンバー前田拳太郎が演じる!

【第1話ゲスト】
小島藤子、高級ブランド品に
取り憑かれた銀行員!

小島藤子

鷺沼さぎぬま紗代さよ(32)

小島藤子

【役どころ】

野々宮恭子と高校の同級生。大手都市銀行の帝都銀行に勤めている。
職場でたまったストレスを、高級ブランド品を買うことで解消しているが、そのため多額の借金に追われ、生活は破綻している。
同窓会で恭子と再会し、コンサルタントの美智留を紹介される。
そこで美智留の天才的な話術と美貌に魅了され、破綻した生活からの救いを求める。
しかし、美智留が導く先にあったのは、犯罪行為と破滅の運命だった…。

【コメント】

これから段々と暑くなる季節。少し涼しい気分になれる夏にぴったりのスリリングな作品に参加させていただけて嬉しいです。登場人物全員が内田さん演じる美智留の術中にはまっていく姿はとても滑稽で、怖くて、どこか爽快です。私も全力で振り回されたいと思います。

【第2・3話ゲスト】
青木さやか、良き主婦が壊れて
闇堕ちしていく様をリアルに演じる!

青木さやか

古巻ふるまき佳恵よしえ(47)

青木さやか

【役どころ】

夫と2人の娘と暮らす主婦。
夫は長年勤めていた商社をリストラされてから、小説家を目指すと言って2年間働かず、佳恵のパート収入でまかなう家計は苦しい。
それでも夫は高圧的な態度で、家庭内には重苦しい空気が漂っている。
そんな時、パート仲間に美智留を紹介され、助けを求める。しかしそれは、二度と引き返せない家族崩壊への入り口だった…。

【コメント】

家族の中でバランスを保ち、自分を甘やかす時間も余裕もなく、家族の為に懸命に働き、いつだって家計のことを一番に考えている主婦。はじめて台本を読んだのは近所のファミレス。長居して台本を覚えよう、と意気込んでいたのだが、最後まで読んで、あまりの衝撃に早々に帰宅しました。ありえない話ではないような気がするところが、恐ろしいのです。是非ごらんください。

【第4話ゲスト】
キスマイ・宮田俊哉、
言論界の論破系ヒーローに挑戦!

宮田俊哉

神崎かんざきドグマ(33)

宮田俊哉

【役どころ】

配信討論番組「言論クラッシュ」出演者。
決め台詞は「まさに、自業自得ですね」。
言論界のヒーローともてはやされているが、実際は相手の弱みを暴露する方法で論点を上手くすり替えている。
元の姿は徳間昇というさえない男で、視聴者の1人だった。憂さ晴らしに書き込んだ討論者の悪口コメントが美智留の目に留まり、「人と違う知性がある」ととりこまれる。
美智留の指示通りに振る舞い、有名になるが、やがて破滅への道を歩き始めることに…。

【コメント】

神崎ドグマを演じさせていただける事になりました。オファーをもらった時に、僕自身今まで演じた事のない役柄でとてもワクワクしたのと同時に、この作品を経験する事で芝居の幅が広くなる挑戦だ!という思いが湧いてきました。僕の新たな挑戦を是非楽しみにしていてください。

【第5話ゲスト】
円井わん、推し活に歯止めがきかない
沼落ち女を熱演!

円井わん

二森ふたもり玲夏れいか(31)

円井わん

【役どころ】

両親と妹の4人家族。会社を辞めて無職のまま1年が経つ。
収入がないまま、韓国スター「シム・ドユン」の推し活にはまり、写真集やグッズの購入に貯金の全てをつぎ込んでいる。時に代金を肩代わりされる家族とはたびたび衝突し、解決策を求め、美智留と会う。
「金はただの道具。使えば使うほど循環し、大きなものとなって帰ってくる」。美智留に自分の生き方を肯定され、推し活に歯止めがきかなくなっていき…。

【コメント】

中山七里先生の小説「嗤う淑女」がドラマ化で、作品の面白さにひかれたこと、俳優として前にも後にも無いかもしれないチャレンジングな役柄でこの役は自分がやりたいと思いました。役を通して視聴者の皆さんの感情をどこまでかき乱せるか、と、試行錯誤中です。撮影に入るのにドキドキしてますが精一杯やりきりたいと思います。

【第6話ゲスト】
武田航平、世間を騒がせる
ゴシップ系三流ライター!

武田航平

武田たけだ良平りょうへい(39)

武田航平

【役どころ】

フリーの週刊誌記者。
世間を騒がすスクープ記事を書いたが、その証言者が売名のために嘘をついていたことがわかり、廃業の危機に追い込まれる。
起死回生のネタを探し、過去の事件を調べるうちに美智留にたどり着き、闇を暴こうとする…。
しかし逆に巧みな話術で懐柔され、窮地にあることを見抜かれる。救いを求める武田は、美智留からさらに過激ででたらめなブログ記事を書き、新たな真実を作り出すように指南されて…。

【コメント】

武田良平役を演じさせていただきます、武田航平です。名前もほぼ一緒ということで、縁を感じました。役どころとしてはフリーランスの記者。現代社会において注目を浴びることが多くなった職業です。武田がどんな風に絡んでいくのか、どんなやり取りが行われるか、互いの腹のさぐりあいからはじまり、最終的にどうなるのか…、中々ハードな心理戦です。沼る事間違いなしの必見のドラマ!ぜひ、楽しみにしていただけたら幸いです!

【第7・8話ゲスト】
前田拳太郎、美智留へ特別な思いを
抱く恭子の弟役!

前田拳太郎

野々宮ののみや弘樹ひろき(27)

前田拳太郎

【役どころ】

野々宮恭子の弟。
マスコミへの就職を目指していたが、全ての試験に落ち、大学卒業後は父親が経営する産廃処理場を手伝っている。厳しい経営状況で小遣い程度の給料しかもらえない上、仕事の失敗をたびたび叱責され、家族への不満が募っている。
両親と3人で暮らしていたが、姉の恭子が美智留を連れて実家に帰ってきて、奇妙な共同生活が始まる。その日々で、恐ろしい信念が芽生えていき…。

【コメント】

元々、ミステリー原作のドラマに出演したいと思っていたので、今作に出演が決まった時はとても嬉しかったです。僕が演じる野々宮弘樹は家族から蔑みを受けていて鬱屈した思いを抱えているという役どころで、今まで自分が演じてきた役とギャップがあり、かなり役作りに苦戦しています。ですが、ストーリーに大きく関わってくる役なので、精一杯演じたいと思います。皆さん、ぜひ放送を楽しみにしていてください。

相関図

原作

累計18万部突破の海外でも人気の話題作!

『嗤う淑女』中山七里
(実業之日本社文庫)

カバーデザイン:坂野公一+吉田友美(welle design)
カバー写真:Shutterstock.com

「嗤う淑女」は“どんでん返しの帝王”と呼ばれるベストセラー作家・中山七里の大人気シリーズ!
累計18万部突破の大ヒットを記録し(※2024年6月時点)、現在シリーズ3巻まで発売中。
本シリーズは海外でも人気の作品で、「嗤う淑女」は韓国語、タイ語、中国繁体字版の翻訳本が、「ふたたび嗤う淑女」と「嗤う淑女 二人」も韓国版が出版されている。
またシリーズ第4弾にあたる「神を嗤う淑女」は、実業之日本社の文芸webマガジン「Webジェイ・ノベル」にて連載中。
https://j-nbooks.jp/novel/original.php?oKey=321

COMMENT

原作者:中山七里 コメント

当初、版元からのリクエスト内容は「悪女ものを書いてほしい」のひと言だった(僕へのオファーはこういうケースがほとんどである)。これまでの人生で悪女なるものに出逢ったことなど皆無だったので、いつも以上に想像力を駆使した覚えがある。自分としては、犯罪に対する動機らしい動機もなく、ただ純粋な悪意の象徴として蒲生美智留を造形したつもりだ。しばし他人の不幸を高みから見物していただきたい。

河角直樹プロデューサー(東海テレビ)
コメント

この社会で日々を平穏無事に過ごしている皆様。時々、今ある全て投げ出して、欲望に身を委ね、暴走してみたくなることはありませんか(私はあります)。そんな視聴者の皆様に、土ドラ「嗤う淑女」を観て、恐怖と戦慄による心のデトックスをしていただければと思います。本作の主人公・蒲生美智留は、悩める人々の心の闇を解放し、欲望を肯定します。それにより人は社会的規範から逸脱し、罪を重ね転落して行きます。その様は本物の恐怖に満ちているのですが、不思議なことに、当事者たちは美智留を恨まず、むしろ賞賛するのです。それは、平穏な日常ではそうそう味わうことのできない、全て吹っ切った転落の開放感を満喫したからかもしれません。そんな、現実の価値観の転覆した恐ろしい世界を司る美智留を演じていただくのは、内田理央さん。この強力なキャラクターをどう実在化していただけるのか、楽しみでなりません。また中山七里先生原作ならではの、意外性とどんでん返しに満ちたストーリーも是非楽しんでいただければと思います。“努力、勝利”のスポーティな興奮とは真逆の“堕ちていく快感”に身を委ね、スッキリ日常に帰還していただければ幸いです。

高橋眞智子プロデューサー(共同テレビ)
コメント

原作を初めて読んだ時に、蒲生美智留の巧みな話術に自分も“ちょっとだけ騙されてみたい”、と興味が湧いたのを今でも鮮明に覚えています。そんな魅力的な主人公を内田理央さんに演じていただけること、そしてその美智留と個性溢れるゲストの方々との刺激的な会話が、この番組の見どころにもなっていくはずです。この夏!土曜日の夜は、悪女の発言に翻弄されながら、登場人物たちが皆、人生の敷かれたレールから踏み外れていく姿を、視聴者の皆さまにも楽しんでいただけたらと思います。

ストーリー

小さなコンサルティング会社で働いている野々宮恭子(松井玲奈)の前に17年ぶりに現れた蒲生美智留(内田理央)。あまりの美しさに動揺する周りの社員たちに対し、いきなり会社を買い取ったと告げ、恭子以外の全員を解雇する。2人きりになったオフィスで美智留に見つめられる恭子。2人だけが知る17年前の事件の秘密がよみがえり、震えが止まらない。

大手都市銀、帝都銀行に勤める鷺沼紗代(小島藤子)は、華やかなブランド品に囲まれた私生活を送り、周囲から勝ち組と思われていた。しかし、それは虚飾にまみれたもの。仕事のストレスを高額の買い物でしか発散できず、多額の借金を重ねていた。そんな時、高校の同級生、恭子と再会する。そして、お金や人生に関する全てをコンサルティングしているという美智留を紹介される。

美智留は、天才的な話術と洞察力で、紗代の苦しい境遇を次々言い当てる。すっかり魅了され、涙を流しながら助けを求める紗代に、美智留はささやく。

「あなたの敵は誰ですか?ストレスの原因である帝都銀行に責任を取ってもらえばいいんです」

美智留は架空口座を作って銀行の金を一時的に借りるべきと横領を提案する。その金でいったん借金を返し、またあとでボーナスなどから口座に金を戻せばいい、気づかれなければ大丈夫、と――。
指示通り、あっという間に借金を返済した紗代。

「美智留さんは私にとって女神様です!」

喜ぶ紗代に美智留は改めて、誰にも気づかれないうちにボーナスから金を返すように念を押す。

しかし、さらに増していく仕事のストレスから、紗代は再び買い物にのめりこみ、ホストクラブにまで通い始める。横領の額は減るどころか増え続け......。

美智留に操られアシスタントを務めさせられている恭子は、破滅へと突き進む紗代を止めようとするが、ことごとく美智留に阻まれる。そして、次第に自分自身も美智留の虜となっていき......。

果たして紗代の運命は?

そして、次々に相談に来た人を掌に乗せ、欲望を刺激し、地獄へと転落させていく美智留。
そんな中で徐々に明らかにされていく、恭子を縛り続ける、17年前の事件の真相とは?
絡み合った美智留と恭子の運命は、果たしてどこに向かうのか?

放送概要

【放送日時】
2024年7月27日(土)~9月21日(土)予定<全9話>
毎週土曜23時40分~24時35分
東海テレビ・フジテレビ系全国ネット
【企画】
市野直親(東海テレビ)
【原作】
「嗤う淑女」 中山七里 (実業之日本社文庫)
【脚本】
  • 泉澤陽子
  • 継田淳
【音楽】
  • 戸田有里子
【演出】
  • 松木創(共同テレビ)
  • 淵上正人(共同テレビ)
  • 本間利幸
【プロデューサー】
  • 河角直樹(東海テレビ)
  • 鵜澤龍臣(東海テレビ)
  • 高橋眞智子(共同テレビ)
【制作】
東海テレビ 共同テレビ