<オトナの土ドラ> 悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

 

<オトナの土ドラ> 悪魔の弁護人 御子柴礼司 ~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~

放送日:12月28日(土)23:40~

カテゴリー:ドラマ

<見出し>
 被告人・稲見(勝野洋)に拒絶されながらも彼を救おうとあがく御子柴(要潤)。なぜ御子柴はこれほどまでに固執するのか?今夜、御子柴と稲見の衝撃の因縁が明かされる!

<番組内容>
 いよいよ始まった老人ホーム介護士殺害事件の初公判。御子柴は当然のように「無罪」を主張。しかし、そこで御子柴は今までにはない敵に遭遇する。
 「私に正当な罰を与えて下さい」
 無罪はおろか減刑すら拒絶する稲見は、さらに御子柴にクビまで言い渡す。御子柴は苛立ちを隠さず弁護人席に両手を叩きつけ…
 その頃、洋子(ベッキー)はある女性を訪ねていた。それは稲見の元妻・石動恭子(赤座美代子)だった。そこで明らかになる御子柴の戦慄の過去!14歳で凶悪犯罪を犯した園部信一郎(大西利空)はなぜ弁護士・御子柴になったのか。稲見はなぜ下半身不随になったのか…。医療少年院で起きた脱走事件の裏にある壮絶な物語が明らかになる!
 そんな中、御子柴はまだ稲見の弁護を諦めてはいなかった。
 稲見が入居していた老人ホーム「伯楽園」で恒常化していたある問題に気付いた御子柴は、被害者である栃野(小多田直樹)にもまた黒い一面があったのではないかと思い当たる。栃野の実家を訪れる御子柴。しかし栃野の母・一美(山本みどり)は加害者を弁護する御子柴に辛辣に当たる。
 「あの子を化け物にしたのはマスコミでしょ!」
 その言葉にひとつのヒントを見出す御子柴。栃野もまた、過去に人を殺めた殺人者だったのだ…
 しかし、栃野の過去に関しては岬(津田寛治)もまた注目し始めていた。たとえ、栃野にどんな過去があろうと、稲見が栃野を殺害した事実に変わりはない。
 御子柴が繰り出すであろう反論をすべて封じる自信を深める岬。果たして、御子柴は稲見の無罪を勝ち取れるのか?裁判はさらに混迷の度合いを深めていき…
ピックアップコンテンツ