令和最初の夏にお届けする「オトナの土ドラ」は
禁断の愛に翻弄され、崩壊する家族を描く人間ドラマ

それぞれ断崖

犯罪被害者家族と加害者家族の崩壊と再生を描く、戦慄の人間ドラマに遠藤憲一が挑む!

2019年8月3日(土)23:40〜放送スタート

「被害者の父」と「加害者の母」。
心の断崖を抱える二人の愛の行方に、目が離せない。

家庭内暴力をふるう不登校の中学生が殺害された。加害者は、13歳の同級生。
殺人を犯しても少年法で守られていて罪には問われない。悲劇の夜、「被害者の父」は酒に酔い、怪しげな店で遊んでいたことが発覚。妻や娘たちに恨まれ、警察からも疑いをかけられる。加えて、加害者少年への怒りを爆発させたことで、人でなし呼ばわりされ、世間からの容赦ないバッシングを受ける。

職を失い、家族の絆が綻び、やり場のない怒りを抱えた「被害者の父」。生きる支えは、息子の無念を晴らすこと。矛先を向けたのが「加害者の母」で、儚げな美しさをもつ、シングルマザーだ。法律に守られた少年の行方や、殺人を犯す少年を育てた母親の動向を知るために、怒りと復讐心から己を偽り近づいてゆく。だが運命は、皮肉だった。

主役となる「被害者の父」、志方恭一郎を演じるのは遠藤憲一。この春、月9「ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~」で見せた、ダメ父も心温かで男気のある役柄から一転、「被害者の父」と「加害者の母」が惹かれあう、という複雑な役どころを、円熟味を増した遠藤がどう演じるのかが注目だ。

社会派ミステリーの名手×遠藤憲一

原作は、社会派ミステリーの名手・小杉健治が描く「それぞれの断崖」。重厚な人間ドラマを描く第一人者と、人間の心の機微を演じたら右に出る者のいない遠藤憲一が、去年2月のオトナの土ドラ「家族の旅路」に続き、がっぷりと組み合う。

昼ドラ現象を巻き起こした あのスタッフ再結集!

スタッフは、「真珠夫人」や「牡丹と薔薇」など昼の帯ドラマで数々のヒット作を生み出したプロデューサーと演出家が再び結集。究極の愛を描き、世の女性たちを魅了した精鋭たちが、今回は骨太の社会派ドラマに挑む。もがき苦しむ人間の有り様をどう描くのかも見逃せない。

CAST

主演・遠藤憲一が、
禁断の愛に苦悩する男を熱演

志方しかた 恭一郎きょういちろう
遠藤憲一

都内にあるコンピュータ会社の企画開発部長。
情にもろい仕事人間。
14歳の息子が同級生に殺され「被害者の父」となる。
家族が崩壊していくなか、憎悪の果てに「加害者の母」を探し出すが
絶対に許せないはずの女に自分と同じ苦しみを見て、心揺さぶられる。

コメント

今回は、かなり骨太な社会派ドラマ。出演依頼を受けたとき、まずは「主人公の感情の変化が複雑で、かなりハードルの高い役。心して演じなければ」と思いました。さらに、許しあえるはずの無い2人が心を重ねあうという展開に「フィクションとはいえ、感情面はリアルに丁寧に表現したい」とも思いました。
見てくださる方の立場によって、それぞれの役に共感できたり反感を持ったりすると思いますが「登場人物の行く末を見てみたい!」と思ってもらえるよう、キャストやスタッフのみんなで頑張って作り上げていきたいです。
「オトナの土ドラ」には2度目の出演となりますが、この枠って深夜ならではの今まで見たことが無い、思い切ったストーリーを楽しめる枠ですよね。今回の作品は、ヒューマン・サスペンスの側面があり、登場人物が思わぬ方向に舵を切ったりします。「そっちに行っちゃだめ!」と毎回ハラハラしながら見てもらえたら嬉しいです。

STAFF

企 画 横田 誠(東海テレビ)
原 作 小杉 健治 「それぞれの断崖」(集英社文庫)
脚 本 洞澤 美恵子
プロデュース
  • 西本 淳一(東海テレビ)
  • 大久保 直実(ビデオフォーカス)
演 出
  • 村松 弘之 「家族の旅路」「ドクターカー」「オンナミチ」など
  • 藤木 靖之 「新・牡丹と薔薇」「風のロンド」「真珠夫人」など
  • 遠藤 光貴 「トットちゃん!」「闇金ウシジマくん」など
制作著作 ビデオフォーカス
制 作 東海テレビ