愛知県田原市が温泉の掘削に成功しました。田原市は渥美半島の先端の伊良湖地区で去年12月から温泉の掘削作業を進めていました。

 田原市によりますと、このほど地下1800メートルから汲み上げた湯の成分を分析した結果、温泉の成分が検出されたということです。

 湯の温度は、25.6度で毎分14.5リットルの湯量があり、ナトリウム・カルシウムを含む弱アルカリ性、肌をつるつるにする効果があるとされ、「美人の湯」だということです。

 田原市では2022年4月の利用開始を目標に、本格的な工事に取り掛かり、ホテルや旅館などに温泉を供給して観光の目玉にしていきたいとしています。

※画像は田原市提供
(最終更新:2020/11/25 17:26)