祭人魂 毎週土曜 11:25~放送

伝統ある祭に情熱を燃やす「祭人」に焦点を当て、地元に息づく祭の魅力を浮き彫りにする。祭人魂─古から伝わる「祭」。その土地の「人々」の息吹が感じられ、「魂」が脈々と受け継がれていく

次回放送

#334

2021.3.13放送

三重・鈴鹿市 獅子神御祈祷神事

吉田文明さん

全国有数のお茶の産地として知られる三重県鈴鹿市。
町を見守るのは、猿田彦大神の総本宮、椿大神社。
境内には、妻・天之鈿女命が祀られ、
神々が降り立ったと伝わる場所も。
3年に一度執り行われる、獅子神御祈祷神事。
「導きの神」とされる猿田彦大神が、
天之鈿女命の化身である獅子を先導し、舞を奉納。
1300年前から伝わり、日本最古の獅子舞と言われている。
今回の祭人は、獅子舞保存会の吉田文明さん。
舞は、獅子役の大人と、二人の子供が担う。
猿田彦大神の役を演じるのは、地元の小学生。
子供が活躍する椿大神社の獅子舞。
育まれていく地元愛に、期待を寄せる。
2月、境内での舞の奉納を皮切りに、
2か月にわたって町の各家を1軒ずつ回り、
住民の幸せを願って祓い清める。
授かったお札は、3年間、家の守り神として神棚に祀られる。
獅子の到着を厳かに迎えるのは、
この日を心待ちにしていた夫婦。
「3年間無事に過ごせたらありがたい。二人で。」
地域に根付いた、1300年の歴史。
人々の心に寄り添い続けてきた椿大神社の獅子舞は、これからも・・・。

祭情報募集

「祭人魂」は、祭りを通して地域の魅力を描き出す番組です。
どんな祭りでも構いません。
皆様からの情報提供をお待ちしています。

情報提供画面へ